ゴムのゆるい靴下


ゴムのゆるい靴下をお探しのあなたへ

  靴下のゴムがきつくて!と感じられている方も多いのではないでしょうか?ゴムがきついと靴下を脱いだ時、クッキリゴムのあとがついてかわいそうなくらい。私もむくみがちなのでもっと楽なゴムのゆるい靴下はないものかと思っていたところ、素晴らしく楽な靴下に出会えたのです。
ゴムのゆるい靴下が欲しかった   全体がやさいい   二重にはくと暖か 靴下の匠 繻エ氏

ゴムのゆるい靴下1 ゴムのゆるい靴下が欲しかった


ゴムがゆるいと足が楽!

少々むくみがちな私は、ゴムのきつい靴下をはくとクッキリあとがついてかわいそうな位になります。なのでずっとゴムのゆるい靴下を探していたのですが、町の靴下屋さんにもなかなかなくて、かといってまりにゆるすぎると今度は歩きにくい。ゴムがゆるくてズリ落ちない靴下はないものか?と思っていたところ靴下職人さんのつくった靴下に出遭ったのです。





ゴムのゆるい靴下2 ゴムだけでなく全体がやさしい


ゆるいのにズリ落ちない!

その靴下は、靴下職人の繻エ氏がつくる靴下。ゴムの部分がゆるいのはもちろん。全体がゆるいのにズリ落ちない絶妙なルーズフィット感があるんです。実際に繻エ氏に会ってきいてみました。このルーズフィット感はどうやって生まれたのか?すると・・・

実は繻エ氏は福祉相談員の資格をもち50年にわたり人にやさしい靴下をつくり続けてきたというのです。介護分野で足の悪い人やむくみのある人でも楽にはけて疲れない靴下にするにはどうしたらいいか?それを何十年も研究し、つくっては実際にはいてもらい意見を聞き改良を重ねてきた結果、できあがった靴下であり特殊技術なんだそうです。

介護用として非常に定評がある靴下なのでそのつくりを健常者向けにもつくったものもあるんです。




ゴムのゆるい靴下3 二重にはけるほど伸びるんです


寒い足!二重にはいても締め付けない

繻エ氏のつくる靴下はゴムのあとがつかない!そして厚手のパイルソックスなどは二重にはいても締め付けない。冷え性の私は足先や足の甲が冬になると冷たくて辛い。そんな時、繻エ氏の靴下の大きな特徴は靴下を二重にはいてもゆるい!ということ。

そのくらい伸びる、他に類をみない伸縮率がある靴下なんです。もうこれを知ったらやめられない。足がポカポカなのにゆったり楽なんでうs。





ゴムのゆるい靴下4 靴下の匠 繻エ氏の靴下


50年の靴下研究の末、人にやさしい靴下つくりにこだわる繻エ氏

繻エ氏の靴下つくりへのコンセプトは、「靴下は肌と共にのび肌と共に縮む。そして肌の一部となる。はいていることを忘れてしまうほどやさしいもの」でなければならないというもの。繻エ氏の靴下は昭和の古い編機にこだわり、手編みのようなやさしい仕上がりの靴下を編み上げる特殊技術でつくられる。現代の数値制御の大量生産型の編機ではつくれないやさしさを出すためだそうです。

一度、繻エ氏の靴下をはいた人は必ずといっていいほどリピーターとなるでしょう!そのくらい足を通した瞬間感動さえする靴下なんです。繻エ氏の靴下詳細は以下のサイトから見られますので参考にされてみて下さい。


靴下の匠 繻エ氏の靴下詳細はこちら→




Copyright ゴムのゆるい靴下 All Rights Reserved.